暑中見舞いの贈り物と挨拶状

夏になると、お中元・暑中見舞い・残暑見舞いとありますが、みなさんは暑中見舞いに贈り物をされるのでしょうか?
ともかく、お中元は7月の初旬から中旬にかけて、旧暦のお盆の行事として行われてある。暑中見舞いはというと、大暑から立秋までの期間、そして残暑見舞いは立秋以降にあげるのが習わしになっています。
これら3つの違いは、そのまま授ける時期が違うだけとも当てはまるので、暑中見舞いとして贈り物をすることはとても問題ありません。
ただし、お中元・暑中見舞い・残暑見舞いと同じ相手に3回も贈り物をする必要はなく、夏場の挨拶として1度は贈り物をし、あとは挨拶状を書くのがマナーとして良いでしょう。

暑中見舞いの贈り物としては、暑い時期ということもあるので、季節感のある食べ物、例えば涼しそうなゼリーや素麺、清涼飲料、ビールなどが喜ばれるかもしれません。また日常扱う食用油や洗剤のギフトも人気のようです。
贈り物を用意したら、水引は紅白の蝶結びでのしをかけます。表書きを「暑中御見舞」とし、名前を入れます。

暑中見舞いの挨拶状の場合書き方は更に決まった形式はなく、季節の挨拶です「暑中お見舞い申し上げます」などの決まり文句のあとに、先方の安否をたずねる言葉、自身の近況を申し立てる言葉、先方の無事を祈る言葉と続き、最後に日付を書くのが類似となっています。

暑中見舞いは、年賀状に比べると自由な表現が許されていて、冒頭の「暑中お見舞い申し上げます」など、暑さを見舞う趣旨を守れば、様々なお知らせを兼ねることもできます。例えば引っ越し、結婚、出産、子供の成長など、一度にみんなに報告望む書状に扱うことが出来ます。

また、年賀状と同じように、賞品が当る夏限定のくじ付きはがき「かもめ〜る」が日本郵便から発売されていて、暑中見舞い・残暑見舞いどちらにも使うことができます。
「かもめ〜る」は、無地のものと、夏らしきイラストの絵入りがあって、絵入りには地方版もあるので、遠方の方におくる場合に喜ばれてある。
インクジェット紙も販売されているので、年賀状と同じ様に自分で印刷することもできます。
「かもめ〜る」は現金やふるさと小包が接するくじ付きとなっているので、賞品があてはまる楽しみも贈ることができます。引用

秋は横浜・山下公園へおでかけ

横浜観光の目玉というと、山下公園ではないでしょうか。臨海公園として昭和5年に開園し、大さん橋から山下埠頭まで大きく貫く美しい公園だ。横浜の他の場所へ行くとしても、意外とこういう山下公園から、という感じでしょう。海に面した公園はきれいな芝生がひろがり、たえず人で賑わってある。家族ずれも良いですし、ただいきなりいらっしゃるだけでも、又デートスポットとしてもいいかもしれません。

公園からはベイブリッジ、赤レンガ倉庫、ランドマークタワーなど、横浜をイメージさせる建物が一望に見渡しられます。ベンチに座ってダラダラ港を眺めているだけでも退屈しないでしょう。ですが、山下公園にはなんだかんだ見どころがあります。

ひと度、山下公園に常に停泊やる氷川丸を見に行きましょう。氷川丸は現在は航海に出ている船ではありません。戦前に豪華客船として活躍していた大型船だ。全長163.3メートル、幅20.12メートルもあります。今は横浜市指定有形文化財になり、披露されているので、誰でも見学することが出来ます。

豪華客船だっただけあり、船内のインテリアはアール・デコの豪華な装飾がなされていて、レトロな雰囲気が漂い実に素敵です。船内は順路が指定されているので、それに従って見学するようになってある。船内は食べ物の持ち込み禁止になっているので、こういう中でお弁当を食べたりは出来ません。ですが、夏だけ船尾デッキがビアガーデンとして使われてある。飽くまでも夏限定なので、秋は無理ということになりますね。

公園内に残る横浜人形の家にも行ってみましょう。ちびっこからお年寄りの方まで、幅広く楽しむことが出来るドールミュージアムになっています。世界140か国、1万点以上もの人形を収蔵しています。昭和53年に大野英子氏がご自分の人形コレクションを横浜市に寄贈したことから訪れ、後に太田ますい氏から人形コレクションが寄贈されたことで人形が目立ち、現在の場所に人形の家として開設することになったのです。

世界中の人形を見たり行える他、人間国宝となられた方々の作品も展示されてある。どんどん昨今ではフィギュアやアニメなどの人形も展示されていて、誰でもがはなはだ遊べるようになっています。また、人形劇が上演変わることもあるので、それに合わせて行ってもいいですね。

山下公園へのアクセスは、JR桜木町駅からバスでいらっしゃるか、JR横浜駅からシーバスで行くのがいいかと思います。赤ちゃんの便秘解消法はこれ

美瑛

「美瑛」と言えば、「ひまわり畑」、「青い池」。
富良野と並んで北海道の人気スポットとして毎年国内から多くの乗客が訪れています。

美瑛の夏は一日の寒暖差が甚だ大きいです。
6月の最低気温は9.5度、最高気温は22度。
7月、8月の最低気温は14.7度、最高気温は25.5度。
最高気温は25度前後にまで出るのに、最低気温は10度以下とかなりの気温差があります。
湿度はないため昼間でも日陰に入れば快適に過ごすことができて、名勝としてもおすすめです。
朝晩は寒いと感じるほどなので上着が1枚あると便利です。

美瑛は富良野からも間近いため、富良野と合わせて旅行されるのもいいと思います。
国内の人気の名勝を一度に回れるおすすめの旅行プランだ。
美瑛はなだらかな丘の上から、一面に広がるひまわり畑やじゃがいも畑の花と緑を眺めるのがおすすめです。
こういう雄大な景色が眺められるのは国内でも北海道だけだと思います。

「三愛の丘展望公園」は、美瑛らしき雄大な景色が眺められるスポットとして人気がありレンタサイクルでたくさんの人が訪れています。
「新栄の丘展望公園」は、東に十勝岳連峰を見つめ、西には極めてきれいな夕焼けが見られるとして人気の写真スポットになっています。
「千代田の丘展望台」は、三角塔の見晴らし台があり、近くには牧場があるため小動物とふれあうことができます。

「ぜるぶの丘」は、美瑛の中でも一大名勝だ。
ラベンダーやひまわり、ポピーなど約3,000本という花が園内に咲いている。
展望台から園内だけではなく周辺の景色も一望できます。
CMのロケ地で有名な「ケンとメリーの木」も見ることができます。
園内を四輪バギーやカートなどで見廻ることもできて、レストランではラベンダーティ、ラベンダーソーダなどの飲み物から、北海道あらしきジンギスカン丼、じゃがバター、ラベンダーソフトクリームなども食べることができます。

「青い池」は、美瑛を再び有名にした人気スポットだ。
水面が青く窺えるという不思議な池で、立ち枯れたカラ松が二度と幻想的雰囲気としている。
見学は日の出から日没までできます。
11月毎日からは夜間にライトアップが受け取るため21時まで見学できます。引用

羊山公園を散策!

お花を観ながら散歩や鑑賞会をしたいと遠くからでも観光にいらっしゃるほうが現在急増中だ。女性の爺さんに手広くみられますが、お花の名勝巡りは今話題を呼んでいる。春はゴールデンウィークの頃にピークを迎える秩父羊山公園で観られる芝桜!東京からでもアクセスのよい秩父市大宮における公園は毎年多くのツーリストでにぎわいます。一面の芝桜は「芝桜の丘」という名称で知られています。芝桜は北アメリカ原産の多年草で形はさくらの形をしています。一口にピンク色と言ってもペールピンクからビビットピンクなど多種にわたる色彩の色が公園を彩ります。9種類の芝桜の中には「多摩の流れ」など和風な名前もついている芝桜もあり見比べるとずいぶん面白いのです。
花の容易い香りが漂い、こどもの日には大きなこいのぼりがのぼり老若男女たくさんの人が芝桜の美しさを堪能します。関東も有数の規模を覚え、面積は17,600m2、9種類、40万株以上だ。相当幅広いのですが秩父市街を一望できるのも魅力的です。
芝桜期間中は屋台や各種イベントが開かれ、何より注目は秩父の特産物が販売されたくさんお土産を購入して行く方も居る。
期間は4月中旬〜ゴールデンウイークまで。遊びにいらっしゃる際には開花情報を調べてから観光へ出かけましょう!
電車の場合は秩父鉄道御花畑駅から徒歩で20分だ。坂道が多いので歩き回り易い靴で行かないと後悔しますのでスニーカーがおすすめです。
西武線沿いの駅なら開花情報もたちまちわかります。改札口で開花情報をお知らせしていますので要チェック!だ。
入場料300円、中学生以下無料なのでお子さんも気軽にピクニックで遊びに行きましょう。
お子さんには芝桜を家族で鑑賞後、公園内にあるアスレチックで汗を流すのも良いでしょう。
「わんぱく広場」は遊歩道を歩いていけばつまらない幼児から小学生までのお子さんが喜べる遊具があります。
ターザンロープなどもあり親の手を借りて遊ぶ子が多く見られます。遊具の中でも頂点と言えるようです。芝桜が終わってもアスレチックは通年通して遊びに来れます。他にも美術館、ふれあい牧場など観光には困らないのが秩父のいいところ!ひたすら小旅行にはもってこいの場所になりそうです!かほりのおめぐ実を楽天やAmazonより最安値で買えるのはココ!【お得】