首イボの対策・ウイルス性のイボは早めの治療を

首イボの対策を考えるときに、初めてその首イボがどんな原因かということが全然重要になります。
多くは皮膚の性質や老化などによるものがほとんどですが、ウイルス性のイボの場合もあり、その場合は治療をしなければなりません。
また癌ということもあるので、首イボだからといって退化とばかり決めつけることは出来ないのです。
そして最近では20代、30代でも軟性繊維腫(アクロコルドン)、スキンタッグ、懸垂性線維腫(けんすいせいせんいしゅ)など老人性の首イボができる人も増えていますが、ウィルス性のイボです可能性もあり、その場合はどしどし手っ取り早い治療が必要です。
【尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)】
ウィルス性の首イボでは、一番多いと言われているのがこういうタイプだ。
ヒトパピローマウイルスによってとれるイボで、同じタイプのウィルスも足に見込めるタイプを足底疣贅(そくていゆうぜい)と済む、こちらはマメや魚の目などと間違えられ易く広がってしまうことも。
とも無理になくすと、次々増殖してしまうので注意しなければなりません。
お風呂などで家族感染も注意しないとうつってしまいます。
【伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)】
ポックスウイルス属のウイルスが原因で起こるイボで、水イボという名前で知られています。
単に子どもに出来易く、プールや温泉などで移ると言われているイボだ。
自然に癒えることもありますが、乾燥肌やアレルギー肌などの場合は、なかなか完治しないとも言われています。
【扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)】
最も大人に多いイボの種類で、ヒトパピローマウイルス3型・10型が原因と言われています。
ニキビなどと間違えられることが多く、褐色タイプが多いイボだ。
老人性首イボとも間違えられ易いと言われているタイプで、治療をしないとつぎつぎ広がる感染力があるので治療をしなければなりません。
【尖圭コンジローム(せんけいこんじろーむ)】
ヒトパピローマウイルス6型・11型が原因である性感染症で、陰部などにでき易いイボだ。
こういうイボも増殖するタイプなので早めに治療をしなければなりません。
以上のように、各種ウィルスによって感染するイボもあるので、様子を見て気としてすぐに医師に相談することも大切です。引用