赤ちゃんとの会話

お母さんが赤ちゃんと会話している時、赤ちゃんはどのような反応をしているのでしょうか。
もちろん、顔を見ているかもしれませんが、それがお母さんですことを認識しているのでしょうか。
また、お母さんが話す言葉をどこまで理解しているのでしょうか。
赤ちゃんの英語教育を考える上で、こういう疑問は大きなポイントとなります。
お母さんは赤ちゃんと会話をしているつもりですが、赤ちゃんにはその意識がないかもしれません。
ただ、自分が面白く慣れる状況を調べるためには、目の前の人にどんな声を出せばいいかを考えていらっしゃる。
そして、それが徐々に言葉となっていきます。
それまでには1年弱かかります。
赤ちゃんがいよいよパパやママと言ったときのことを記録しているお母さんは少なくありません。
パパと叫ぶことが目の前の人にとって特別なことですと理解しているのでしょう。
無論、その言葉を理解しているわけではなく耳で聞いた音をまねしてあるだけです。
赤ちゃんのための英語の教材も同じです。
教材から広がる音を赤ちゃんがまねをします。
どんなところその言葉を発すればいいかを理解していくのです。
それがいずれはネイティブスピーカーと呼ばれる状況を作り出します。
英語と日本語の両方でおんなじことが起こり、赤ちゃんは二つの言語をしゃべれるようになります。
おすすめの教材は教育的視点から作られたものではなく、赤ちゃんを取り巻く日常をイメージしたものがいいでしょう。
それぞれの単語の意味を理解するのではなく、状況によって広がる音を感じているだけです。
ユーモラスなキャラクターと会話する時折英語を話すようになります。
それがそのキャラクターの言葉だとおもうからです。
これは非常に感覚的な理解だ。
英語を言葉として理解しているのではなく、音として理解しているだけです。
ただ、きれいな英語を聞けば、それとおんなじ音を発することができるようになります。
きれいな英語ときれいな日本語を手に入れられるのです。
勿論、きれいな日本語はお母さんたちが話している言葉のことです。
方言丸出して話していれば、赤ちゃんも方言を覚えます。
それが自分にとってのおすすめの日本語だからだ。http://xn--u9jv31pa342ehnn.xyz/