美瑛

「美瑛」と言えば、「ひまわり畑」、「青い池」。
富良野と並んで北海道の人気スポットとして毎年国内から多くの乗客が訪れています。

美瑛の夏は一日の寒暖差が甚だ大きいです。
6月の最低気温は9.5度、最高気温は22度。
7月、8月の最低気温は14.7度、最高気温は25.5度。
最高気温は25度前後にまで出るのに、最低気温は10度以下とかなりの気温差があります。
湿度はないため昼間でも日陰に入れば快適に過ごすことができて、名勝としてもおすすめです。
朝晩は寒いと感じるほどなので上着が1枚あると便利です。

美瑛は富良野からも間近いため、富良野と合わせて旅行されるのもいいと思います。
国内の人気の名勝を一度に回れるおすすめの旅行プランだ。
美瑛はなだらかな丘の上から、一面に広がるひまわり畑やじゃがいも畑の花と緑を眺めるのがおすすめです。
こういう雄大な景色が眺められるのは国内でも北海道だけだと思います。

「三愛の丘展望公園」は、美瑛らしき雄大な景色が眺められるスポットとして人気がありレンタサイクルでたくさんの人が訪れています。
「新栄の丘展望公園」は、東に十勝岳連峰を見つめ、西には極めてきれいな夕焼けが見られるとして人気の写真スポットになっています。
「千代田の丘展望台」は、三角塔の見晴らし台があり、近くには牧場があるため小動物とふれあうことができます。

「ぜるぶの丘」は、美瑛の中でも一大名勝だ。
ラベンダーやひまわり、ポピーなど約3,000本という花が園内に咲いている。
展望台から園内だけではなく周辺の景色も一望できます。
CMのロケ地で有名な「ケンとメリーの木」も見ることができます。
園内を四輪バギーやカートなどで見廻ることもできて、レストランではラベンダーティ、ラベンダーソーダなどの飲み物から、北海道あらしきジンギスカン丼、じゃがバター、ラベンダーソフトクリームなども食べることができます。

「青い池」は、美瑛を再び有名にした人気スポットだ。
水面が青く窺えるという不思議な池で、立ち枯れたカラ松が二度と幻想的雰囲気としている。
見学は日の出から日没までできます。
11月毎日からは夜間にライトアップが受け取るため21時まで見学できます。引用