秋は横浜・山下公園へおでかけ

横浜観光の目玉というと、山下公園ではないでしょうか。臨海公園として昭和5年に開園し、大さん橋から山下埠頭まで大きく貫く美しい公園だ。横浜の他の場所へ行くとしても、意外とこういう山下公園から、という感じでしょう。海に面した公園はきれいな芝生がひろがり、たえず人で賑わってある。家族ずれも良いですし、ただいきなりいらっしゃるだけでも、又デートスポットとしてもいいかもしれません。

公園からはベイブリッジ、赤レンガ倉庫、ランドマークタワーなど、横浜をイメージさせる建物が一望に見渡しられます。ベンチに座ってダラダラ港を眺めているだけでも退屈しないでしょう。ですが、山下公園にはなんだかんだ見どころがあります。

ひと度、山下公園に常に停泊やる氷川丸を見に行きましょう。氷川丸は現在は航海に出ている船ではありません。戦前に豪華客船として活躍していた大型船だ。全長163.3メートル、幅20.12メートルもあります。今は横浜市指定有形文化財になり、披露されているので、誰でも見学することが出来ます。

豪華客船だっただけあり、船内のインテリアはアール・デコの豪華な装飾がなされていて、レトロな雰囲気が漂い実に素敵です。船内は順路が指定されているので、それに従って見学するようになってある。船内は食べ物の持ち込み禁止になっているので、こういう中でお弁当を食べたりは出来ません。ですが、夏だけ船尾デッキがビアガーデンとして使われてある。飽くまでも夏限定なので、秋は無理ということになりますね。

公園内に残る横浜人形の家にも行ってみましょう。ちびっこからお年寄りの方まで、幅広く楽しむことが出来るドールミュージアムになっています。世界140か国、1万点以上もの人形を収蔵しています。昭和53年に大野英子氏がご自分の人形コレクションを横浜市に寄贈したことから訪れ、後に太田ますい氏から人形コレクションが寄贈されたことで人形が目立ち、現在の場所に人形の家として開設することになったのです。

世界中の人形を見たり行える他、人間国宝となられた方々の作品も展示されてある。どんどん昨今ではフィギュアやアニメなどの人形も展示されていて、誰でもがはなはだ遊べるようになっています。また、人形劇が上演変わることもあるので、それに合わせて行ってもいいですね。

山下公園へのアクセスは、JR桜木町駅からバスでいらっしゃるか、JR横浜駅からシーバスで行くのがいいかと思います。赤ちゃんの便秘解消法はこれ