睡眠を妨げるいびき、どうしたら素晴らしい?

一緒に寝ている家族から「いびきがうるさい」と文句を仰ることはありませんか?または、自分のいびきで起きてしまったりとか・・。
家族にも自分にとっても、いびきは安眠を妨害するものですね。
どうして、いびきってかくのでしょうか。

いびきは、のどの空気の通り道(上気道)が、なんらかの原因で小さくなり、その小さくなった上気道を空気が通ろうとする時に粘膜が振動して生ずるものです。
では、どのような時に上気道が狭くなっていびきをかいてしまうのでしょうか。

1つには、口で呼吸してしまう事にあります。
睡眠中に口で呼吸をすると、舌がのどの奥に落ちて上気道が狭くなってしまう。
こういう場合は、横向きになって寝入ると、いびきをかかなくなります。
夜通し、横向きに寝入るというのも大変ですが、はじめて工夫してみましょう。

肥満の人はいびきをかき易いだ。
それは、喉回りに脂肪がついているので、上気道が小さくなりやすいのです。
痩せる努力をするしかないかもしれませんね。

体が疲れ切ってしまっている時もいびきをかきます。
それは疲れにつき、喉回りの筋肉がゆるむため、舌が喉の奥に落ちてしまい、上気道が小さくなるのでいびきをかくのです。
寝る前にのほほんと音楽を聴いたりしてリラックスするといいかもしれません。

寝る前にお酒を飲むと喉回りの筋肉がゆるんで、上気道が小さくなりいびきをかきます。
しかもアルコールの摂取で血管が見えると粘膜が腫れるので、鼻が滞り易くなります。
そうすると、口で呼吸することになり、舌がのどの奥に落ちてしまうので、上気道が小さくなりますから、そういった面でもいびきをかくことになります。
ですので、出来るなら寝る前のお酒は避けた方がいいでしょう。

口呼吸をしないようにするにはどうしたらいいでしょうか。
日頃から、鼻で呼吸始める訓練をするのです。
呼吸というのは、鼻でするのがベストなのです。
鼻には鼻毛がありますが、その鼻毛がまるでフィルターものの役目を通じてくれるので、吸った空気を浄化して肺に流し込むことが出来ます。
ウイルスなども防いでくれたりもします。
口で呼吸すると、もろにそのままの空気が肺に入るので、病気になりやすくなります。

鼻腔拡張テープ(例えばブリーズライト)を貼ったり、口にテープを貼って鼻呼吸に導くようにすると、良いかもしれませんね。www.colintraivecorner.co.uk