新生児の便秘…おならが臭いのには理由がある

産まれたばかりの赤ちゃんの便秘で悩んでいませんか?「おならは見つかるんだけどニオイが大人並みに臭い…」というのも便秘が原因の可能性もあります。いったいどうして対処すればいいのでしょうか…。
新生児の場合、「胃直腸反射」という独特の反応が見られます。でも、もうすぐ1か月を迎えるという頃になると、便の回数も減ってきて臭いおならをするようになることもあります。「新生児のウンチは臭くない」なんて言われていますが、実際にはそんなこともありませんよね。
そこで今回は新生児期の便秘・ええちについてご紹介します。
胃直腸反射は、新生児に元々備わっている排便に関する反射反応だ。新生児はおっぱいやミルクを飲んで栄養を得るわけですが、排便はよっぽど未知の世界ですよね。
やはり、「踏ん張ってウンチを生みだす」はわかりません。なので、新生児の頃は、胃におっぱいやミルクが混じるたびに腸が反応して排便するような反射反応が備わっています。おっぱいを呑むたびにウンチが出るはそのためで、多い子は1日に10回もウンチがでるという子もいます。
そんな反射反応は、1カ月くらいから弱まってきます。ウンチを腸に蓄えることができるようになってきます。それと共にウンチの回数が減ってきますが、これは便秘ではなく成長だ。2カ月くらいで胃直腸反射は完全になくなると言われていますが、排便の変化は1カ月前後で見受けるママが多いと思います。
腸にウンチを溜められるようになると、今度はおならが臭くなります。勿論、すぐ生じるよりも腐敗がすすむのでその分ニオイがきつくなってしまう。
おならの回数はおっぱいやミルクの後のげっぷの影響もあります。げっぷが上手に出来ないとおならになって出てくるといわれています。
毎日1回出てれば気にならないと思いますが、3日に1回ぐらいだと気になり始めますよね。新生児の便秘で病院をめぐって診てもらうかの基準は週間だ。週間でないようなら病院をめぐって先生に診てもらうようにしましょう。
しかしながら、何日出てなければ便秘という定義はなく、新生児・初期の乳児期に限れば、お腹が張っていなく元気・オッパイやミルクの呑みが素晴らしいなどのときはあまり心配はいりません。
ウンチが出なくガスが溜まるほど悪玉菌が広がるので、3日でなければ綿棒浣腸をする、5日でなければ砂糖水を飲ませるなどの基準を仕掛けるのも良い方法だ。参照サイト