セラミックインレーは

セラミックインレーは、案の定何のことなのでしょうか。

これは、前歯だけでなく奥歯の銀歯が目立って気になるので白く狙う、また、金属アレルギーが気になるについてがあり、そういった患者様へセラミックインレーという当て物の材料によるインレー治療をおすすめしてある。

銀歯以外にも、黒い当て物(アマルガム)は近年、金属アレルギーが問題視されてあり、特に除去を進めてある。

セラミックインレーのメリットとなる部分は…
・透明感が大きいので、セット後は装着する歯(支台歯)の色を反映し、再び余裕色を再現できる
・唾液の吸収がないため、口臭の心配がない
・変色の心配がない天然歯と見分けがつかない
逆にデメリットは…
・金属のインレーに比べると耐久性はそこそこ劣る場合がある
・素材は強固だが、粘り強さがないため、セット中や咬合調整中に欠けることがある。
(セメント固定後の強度は厳しい)
次に、ハイブリッドインレーについてご紹介します。

こういうメリットにつてですが…
・硬すぎず、柔らかすぎず粘り強さがあるためインレー(当て物)に適している
・保険の当て物と比べ、唾液の吸収が少ない
・保険の当て物と比べ変色が少ない
・適度な硬さで対合歯にやさしい
逆にデメリットについて
・金属のインレーに比べると耐久性はやや劣る
などがあげられます。

患者様からのよくある質問としては、「セラミックインレーはどれくらい握り締めますか?」とのこと。

これに関しては、定期的なメンテナンスを行うため、長年にわたり維持できますが、金属の当て物と比べるとやっぱり多少破切などのトラブルは考えられます。
しかし一度装着してしまうと意外と丈夫だ。

また、「ハイブリッドインレーはセラミックインレーとどうして違うのですか?」という質問に対して、セラミックインレーと比べると、相当透明感は劣りますが、ほとんど変わらないくらいの違いだ。
ハイブリッドインレーは適度な粘り強さを兼ね揃えていますので、噛む力の硬い奥歯の当て物には特に適していると言えます。

目立つのが気になっている、耐えるという方は一度、相談に行くといいですね。

天然歯と見分けがつかないくらいキレイに上るなら嬉しいですよね。【ガチ】キレイモの口コミ&料金!全身脱毛に通う28歳OLが大暴露!