アウトドアで使えるキャリーカートの選び方

アウトドア用のキャリーカートは、多くの荷物を楽々といっぺんに運べる使い勝手から、ひとたび使ったことがある方は手放せなくなってしまうようですが、キャンプにかかわらずファミリーで、一際ちっちゃな子供がいるアウトドアでは更に大荷物となるので、そんな時にキャリーカートがあれば、荷物が多いアウトドアの悩みをあっという間に解決してもらえる。

キャリーカートは買い物や自宅での荷物の移動などで使用されていることも多いのですが、荷物が多く繋がるところはなはだ便利なアウトドアで払えるキャリーカートの選び方をご紹介します。アウトドア用のキャリーカートは、内容量、耐荷重は販売メーカーで違う。そして当たり前ですが、価格もさまざまです。

一般的に、アウトドア用キャリーカートといえば4輪で荷台が付いたものを言うことが多いのですが、他にも2輪タイプのものがあります。2輪タイプのものも4輪タイプのものもとも耐荷重、がたい、デザインが豊富です。また、最近ではアップカートのように片側3輪、両方で6輪のものも段差を気にせず移動できるということで人気があります。

キャリーカートを使う必要があるときの一番荷物が多い時を考え、また、一番重い荷物を載せたときの総重量などを指し選ぶようにください。
そして、キャリーカート自体の重さも考慮したほうがいいでしょう。重たすぎるキャリーカートは保管しておく時や車への積み込みなどが負担になるため、女性1人でも持ち運ぶことができる軽量のものが使いやすくおすすめです。

二度と、折りたたみの方法と収納ときのサイズもとても重要で、4輪タイプのものは中央を持ち上げて折りたたみ4輪で自立見込めるタイプと2つに折りたたみ自立ができないタイプがあります。保管ときのスペース確保や車の積載スペースが確保できるかは、いつもの荷物に加えてもっと荷物が加わることとなるためいやに大きな問題です。

そしてそれほど、使用する路面状況によってタイヤを選ぶようにしましょう。キャリーカートのタイヤは広くなればなるほど、如何なる路面でも走れるようになります。また小さいものは舗装されたアスファルトしか対応できない場合がほとんどです。そんなふうに考えると広く分厚いタイヤの方が路面を気にせず滑ることができるのでおすすめですが、凄まじく分厚いタイヤは収納ときのスペースが大きくなって仕舞うというデメリットがあります。DUOザクレンジングバームの口コミ